たきやん。のBurning Heart 復活編 (目指せ、平成の松下村塾)
生きる意味を一度は完全に失っていた男が、蘇った熱い思いをぶつけます!
このブログの魂
しばらく、この記事をトップで固定します。
このブログの魂とも言える事項です。
追記を必ずご覧になって下さい。
よろしくお願い致します。




<Burning heart  by Survivor>

私のブログのメインテーマはやはり、この曲なんです。
聴くだけで魂に火が付く、その一言につきます。


このブログのサブタイトルは「目指せ、平成の松下村塾」です。
それにふさわしい名言集を追記で載せます。
続きを読む
スポンサーサイト
近況報告

こんにちは。たきやん。です。
タイトル通り、近況報告のみです。

Facebook内で、今月に入って
「超激熱」な展開が起きています。
(7月10日以降、一気にこの動きが
 進み出しました)


このブログのコンセプト、

「平成の松下村塾」

に大幅に近付ける学びを連日、頂いています。


前回の記事で少し、ビッグマウスなことを
ほざきましたが、更にビッグマウスに。


『週に3回の投稿のペースに上げたら、
 私の、そしてこのブログの動きから
 目を離さないで下さい! 
 必ず、楽しませてみせます。
 皆さんにワクワク感を提供します。』


その為に、今、日に最低3時間は
勉強の時間に当てています。
仕事が休みの日には、それこそ、
最低8時間…
いや、何でもないです。


とりあえず、今回はこれで失礼します。


速い展開

こんにちは。たきやん。です。

今月からブログへの比重を上げるつもりで
いるのですが、なかなか、うまくいきません。

今月に入って、Facebookで次々と
嬉しい誤算が起きています。
「玉石混淆」の「玉」やそれ以上の方から
次々とリクエストが来て、学び・交流に
時間を割かれています。


ただ、この学び・交流を必ず、今後の
ブログに活かし切ります!
訪問して下さる皆さん、もう少しだけ
期待して待っていて下さい。
絶対に、失望はさせません!

うわ~、言い切った… 
でも、言い切れるだけの学び・交流は
得ている、その自信しかありません、 
それだけ濃いものを得ています。


プライベートでも、『誕生月大攻勢』へ
いい感じで進んでいます。

今週中にでも、身近な人達に
「この夏、俺から目を離すな!
 絶対損はさせへん、楽しませたる!」
とでも、ビッグマウスをほざいてやろうと…

いや、何でもないです。


とりあえず、近況報告です。
今回はこれで締めさせて頂きます。
追記の名言集、次から復活させます。

失礼します。


SNSとは?(私の考え・その9)

こんにちは。たきやん。です。
少し、間が空いてしまいました。

今回は、Twitterについてです。

実は、140字の世界、可能性は無限大。
SNSの入り口としては、最も敷居が低いと思います。
でも、広がりは凄く大きいんですよね。

その最大の理由は、フォロー数が最終的には
無制限になることにあるのではないでしょうか?
実は、初期設定は制限があるのですよ。
確か、最初は上限2000のアカウントまでしか
フォローできないはずです。

ただ、一定数以上フォローされると、
こちらからもフォロー出来る数が増える。

(公式があるんですが、興味がある方は
 自分でググってみて下さいませ)

RPGで自分のキャラを成長させる感じに
似ているな、と私は思ったりします。

『フォローされる』という部分が重要です。
本当にTwitterを活かすためには、誰かから
フォロー・支持される必要があるんです。
他のSNSもその要素はあります。
ただ、フォローの要素が最も強いのは
実はTwitterではないか、と私は考えます。
その辺は追記で書きますね。


もう少しだけ進めます。
情報を効率よく集めるのにも、Twitterは
予想以上に使えると思います。
初めは、BOTも含めて、自分が興味を持っているテーマを
扱っているアカウントを集中してフォローしてみるのも
いいと思います。
自分もそうしましたが、凄く勉強になりましたよ。

入門の知識・初めの一歩となる知識は
書籍で仕入れるべきだとは思います。
理由はあえて書きませんよ。
そこから次の段階へ上がるのに
Twitterって、凄く使い出がいいんです。
上限140字という制限があるので、役に立つことが
上手くまとめられていることが多いんです。

ちょっと上で書いた、『フォローが重要』という点、
追記で書きます。
よろしければ、もう少しお付き合い下さい。


続きを読む
SNSとは?(私の考え・その8)

こんにちは。たきやん。です。
Facebook、友達の数が500に近く
なった辺りから、急にリクエストされる
ペースが上がりました。

それまで1日あたり2件ぐらいだったのが
最近は最低でも日に5件はリクエストが来ます。
昨日はなんと、13件でした!
これでは、さすがに「とりあえず、全ての
リクエストを受け入れる」スタンスを
変えざるを得ません…



ちょっと、現状はSNSの方に
比重が偏っているのですが、
ゆくゆくはブログへの力の入れ方を
大きくする予定なんですね。
(最終的にはブログが8、
 SNSが2ぐらい、のつもりでいます・
 今は真逆になってますが)

この方針は余程の事がない限り、変更しません。
理由はこの連載の最終回で書きます。


本題に入ります。
今回は、LINEについてです。

最近、Facebookで知り合った方の中でも
私が「本当の玉(玉石混淆の玉です)」と
感じる方、数名の方のLINE@に登録しました。

それによって、私が前回の記事で書いた
「LINE@は一過性のビジネスツールで終わる」
可能性が高い、これを確信してしまいました…

やはり、LINEです。閉鎖性があまりにも高い。
「玉」の方との絆は凄く強くなるかも
しれませんが、そこからの広がりが見えない。
まだ、mixiの方が広がりが見えそうです。

「最強の絆」を得るには、『深さ』も
必要ですが、ある程度の『広さ』も
必要だ、と思うんです。

『類は友を呼ぶ』という言葉があるでしょう?
この「友を呼ぶ・呼び込む」要素がLINE@では
十分に見えないんですよ。

ただ、完全に否定するつもりはありません。
LINEには「友を呼ぶ」要素を持っている
コンテンツがあるからです。

それはグループLINEだ、と私は思います。
LINE@で人を集め、グループLINEを作り、
そこで主催者が人繋ぎの役目を果たす。
LINE@を本当の意味で有効に使いこなすには
これ以外の方法はない、と思っています。

現状は、LINE@をビジネス目的で
使っている方が多いイメージを
私は持っているのですが、それならば
尚更、「絆の広さ」を求める使い方を
するべきでしょう。

これに限りませんが、複数のコンテンツを
組み合わせることで初めて、色んな可能性が
広がる、私はそう考えますが、
如何でしょうか?

グループLINE、自分で作り、しっかりと
回転させるにはそれなりの「人間力」が
いります。
いくつかのビジネスのグループLINEに
参加し、プライベートのグループLINEを
作っている身として、これは実感できます。

LINEをされている方には、人間力向上の
ためにも、一度はグループLINEを実際に
作って、運営することを薦めたいです。
(但し、最低でも5人が参加する、作った地点で
 全ての参加者と面識・認識があるのは
 自分だけである、という条件を付けます)

参加する場合も、積極的に絡む・発信する。
しかし、最低限の礼儀は必要ですよ。

グループLINEでこの両方が出来る人は、
今はそうでなくても、先々、必ず
支持者・ファン、それを通り越して
信者までもが現れることを保証します。


人との最強の絆、最も重要な要素は
「深さ」だとは思います。
ただ、「広さ」をないがしろにし過ぎると、
必ずと言っていいぐらい、早い段階で
「行き詰まり」感に襲われてしまいます。

私がLINEの最大点と考えるのはそこです。
「深さ」を求めるにはベストのSNSでしょう。
ただ、あまりにも閉鎖性が強すぎる。

問題点を少しでも和らげるLINE内の
唯一のコンテンツ、
それはグループLINEなのでしょう。
しかし、現状はグループLINEを上手く
使える人が少なすぎる、
これが正直な印象です。
(ほぼゼロに近いでしょう)

複数の友人との連絡手段のみとして
使うにはあまりにも勿体無い機能です。
グループLINE、実験してイケる、と思った
方法があれば、ここで共有させて頂きます。
(今、私は実験中ですが、かなり
 いい感触を掴んでいますので)


長くなりました。
失礼します。


追記、今回は休みます…





検索フォーム

プロフィール

attacky25

Author:attacky25
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

訪れて下さった方々

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示