たきやん。のBurning Heart 復活編 (目指せ、平成の松下村塾)
生きる意味を一度は完全に失っていた男が、蘇った熱い思いをぶつけます!
このブログの魂
しばらく、この記事をトップで固定します。
このブログの魂とも言える事項です。
追記を必ずご覧になって下さい。
よろしくお願い致します。




<Burning heart  by Survivor>

私のブログのメインテーマはやはり、この曲なんです。
聴くだけで魂に火が付く、その一言につきます。


このブログのサブタイトルは「目指せ、平成の松下村塾」です。
それにふさわしい名言集を追記で載せます。
続きを読む
スポンサーサイト
SNSとは?(私の考え・その4)

少し間があいてしまいました。
たきやん。です。

Facebook・Instagramで今、とある
実験を行っている最中です。
(今は最初の一歩を踏み出したところです)

この実験、全貌が完成して、
使う人の『心・技・体』が伴えば、
本物のジャパニーズドリームを
築ける可能性まである、と思っています。
徐々に考えを明かしていきます。

今、確実に書けること。
絶対不可欠なのは『心』です。
これがないと、どれだけ高い技術を
持っていても使いこなせません。


その為に、私自身の心を徹底的に
磨き上げる為に一日最低でも
20分使って名言の抜き書きを…

いや、何でもないです。


今回は、実験の最初の一歩が何かを
簡単に書かせて頂きます。


『狙い打ちをして新しい関係を構築する』
実はこれ、ブログでも出来ます。
でも、SNSの方がはるかに簡単に出来ます。
特に、Facebookは本当に簡単に構築出来ます。
数を稼ぐことのみが目的であれば。
『心』が伴ってなくてもいいのであれば。


但し、そこからもう一段階上げて、
私の狙いは当然、『心ある関係』です。
本物の関係です。
はっきり言って、全く数に価値は
置いてないです。

例えるなら、
『本田宗一郎と藤澤武夫のような』
心底繋がっていた絆です。

この基礎をSNSとブログを使って
やってみよう、という訳です。
その公式が

『Facebook』+『Instagram』+『ブログ』
=『最強の絆』なんです。


前振りが異様に長いですね。
申し訳ありません。
追記を使って、『Facebook』と
『Instagram』についてサラっと書きます。

もう少しだけ、お付き合い下さい。


続きを読む
SNSとは?(私の考え・その3)

こんにちは。たきやん。です。
いきなり、入ります。

前回の記事で書いた公式を再記します。
『Facebook』+『Instagram』+『ブログ』
=『最強の絆』

Facebookでは先に書かせて頂いたのですが、
この公式で欠かせない要素は、
実は、『ブログ』です。

この公式の根拠を書く前に、今の主だった
SNSを簡潔に示してみます。


『Twitter』…数や情報は集めやすい
『LINE』『mixi』…やり取りが簡単
『Facebook』…説得力のある発信がしやすい
『Instagram』…一目で理解させやすい

凄く簡単に書いてみました。
詳細は次回以降の連載でじっくり、
書いていきます。

今回はなぜ『ブログ』が『最強の絆』の
為に欠かせないか、自分の考えを
書かせてもらいます。


まず、『最強の絆』を築く上で前提として
必要なものは何ですか?

色んな意見が出ると思いますが、
「お互いの人間としての質の高さ」は
絶対、欠かせない要素だ、と思います。

厳しい書き方をしました。
妥協した書き方をするなら、
「お互いが意気投合できること」と
書きましょうか。

それをある程度まで探せる場、それがSNS、
その中でも『Facebook』『Instagram』。
(すみません、この根拠は次回、書きます)

更に厳しい書き方をしますが、
SNSでリストアップした人達の
本音を引き出し、篩(ふるい)に掛ける場、
それが『ブログ』なんです。


以前、書きました。
「ブログはSNSと比べて、発信に
 かなり手間がかかる」
SNSって、スマートフォンからでも
簡単に記事が発信できます。
簡単さはブログの比じゃないです。

あくまでも私の意見ですが、これって、
「人間性」も容易に作れることを
意味するんですよ。

ある意味、面倒である『ブログ』で
SNS同様、高い人間力を発揮できれば、
そして誠実さを見せられれば、
その人はきっと、


『ひとかどの人物』なのでしょう。

自分が見ている限り、SNSとブログを
両立させている方々は、とてつもなく
人間力の高いケースが多いです。

そういう方々、男女比でいうと、
1対9ぐらいで女性が圧倒的に多いことを
追加で書いておきます。
だから、『Instagram』が公式に
入るんですね。(この根拠も次回です)


今回の締めに入ります。

この公式、両方がブログをしている
必要はありません。但し、どちらか一方が
ブログをしていて、相手はそのブログの
内容に対してしっかりと意見する。
(それはブログ内のコメントでなくても
 構いません・方法はいくらでもあります・
 これも今後、私の実例から紹介します)
これが最低条件です。


う~ん、冒頭の公式、1回でまとめようと
したんですが、全然無理でした。
この辺が、私の力のなさ、です…
すみません、次回、もう1回、冒頭の
公式の記事にお付き合い下さい。

次回、木曜日までに上げる予定です。
重ね重ね済みませんが、追記、
今回もお付き合い頂けると嬉しいです。

一旦、失礼します。



続きを読む
SNSとは?(私の考え・その2)

こんにちは。たきやん。です。
今回は軽めの発信になります。

今日、仕事が休みだったんですね。
いつもと違う時間にFacebookの
やり取りを行っていて、1つ、
以前から考えていたことで
確信になったことがあります。

公式のような書き方をしてみます。


『Facebook』+『Instagram』+
『ブログ』=『最強の絆』


今の日本で、0からのスタートで、
しっかりとした人との絆を作り上げる
可能性が最も高いSNSの使い方
(組み合わせ)がこれだ、と
私は確信しています。

確かに、かなり手間はかかります。
但し、ハマった場合、その手間は
全く苦にならない、むしろ、その手間が
『心の奥底からの楽しみ』に
変わるだけの破壊力が
この組み合わせには秘められています。

多分ですが、集客に関しても、質の高い
『愛用者・リピーター』、そして、
『エヴァンジェリスト』が生まれる
可能性が最も高いSNSの使い方は
これだ、と私は思います。
(あくまでも、今の日本で、の話です)


次回、そう考えた根拠を書きます。
今、本気で、かつ、がっつりと準備中です。
早ければ、週末から実践(実験)に入ります。

次の更新、日曜日か月曜日の
どちらかになる、と思います。

一旦、失礼します。
またまた、追記があります。
お付き合い下さると嬉しいです。
(今回は、前回みたいな
 強烈な毒ではないです)



続きを読む
もう1つ、箸休めです

こんにちは。たきやん。です。


すみません、もう1つ、箸休めの記事を
入れさせて下さい。
今後の展開を考えると、どうしても
書いておかなくてはいけない内容なので。

トップ固定の記事で、
「今後、最低でも4つのブログを
 回します」と書きました。
そして、このブログのサブタイトルは
『目指せ、平成の松下村塾‼』です。


サブタイトルがそのまま、このブログの
目指す方向なのですが、その見本となる
集まりが毎年、スイスで行われて
いるんですよね。

少し時期外れではありますが、
『ダボス会議』って、ご存じですか?

自分の中では、世界中の
「意識の高い金持ちの集まり」
という認識です。

しかし、意識の高い金持ちが
集まっているにも関わらず、
その影響力はどの程度のものなのか?

「松下村塾」と比較した場合は?
時代が違う、なんて言わないで下さいよ!

今年のダボス会議の参加メンバー、
松下村塾の塾生と比較して、
意識が低いのか?



決して、そんなことはない、と
私は思っています。


『ダボス会議』はあくまでも、金持ちの
集まりですが、言い方は悪いですが、
金持ちでない人達の中にも、
「意識の高さなら
 ヤツらにも負けへんで!」
と思っている方は必ず、
存在する筈なんですね。

実は、以前のブログの目指す方向も
そういうところでした。


一度、人生に完全に失意を感じ、そこから
戻ったヤツがどこまでできるのか?

ある意味、開き直りです。

『Dead or alive?』

出来るだけの悪あがきをして、
死ぬ気でもがきまくって、
どこまで結果を出せるのか?
今は、(潰される)不安よりも、
ワクワク感の方が遥かに強いですね。



夕方以降、時間があれば、
SNSの連載記事の続きを
放り込みたいですね。

今回も追記、いきます。
結構、キツいことを書きます。
一旦、失礼します。



続きを読む

検索フォーム

プロフィール

attacky25

Author:attacky25
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

訪れて下さった方々

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示