FC2ブログ
たきやん。のBurning Heart 復活編 (目指せ、平成の松下村塾)
生きる意味を一度は完全に失っていた男が、蘇った熱い思いをぶつけます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SNSとは?(私の考え・その5)

こんにちは。たきやん。です。
私が尊敬している2人のブロガーさんの
コラボを拝見して、凄く嬉しく思いました。
(記事とコメントのやりとりですが)

本記事に入ります。
尊敬しているブロガーさんの記事に
少し乗る形で話を進めます。

SNSだけではありません。
メール・ブログでも同じ事が言えます。
『生身のやり取りがちゃんと出来ないのに、
 SNS(メール・ブログ)をきちんと
 使いこなせるわけはありません!』

SNSで知り合った方と何回か(何人か)
直接やり取りを(会って)したことが
ありますが、これに関しては見事なまでに
『逆も真なり』が当てはまります。

これを前提に、今後の記事、過去の
連載を見て頂けるとありがたいです。


私は今、Facebook・Instagramで
ある実験を継続中です。

『友達リクエスト・フォローの狙い撃ち』
簡単に言えば、素敵だな、と思った方に
(Facebookなら)友達リクエストをして頂く、
(Instagramなら)フォローして頂く。

こちらからじゃなく、相手の方から
して頂くんです。
意識が高い方が多いFacebook・Instagram
だからこそ、成立しやすいんです。

Twitterでも可能だとは思います。
でも、現状ではあまり、試す気に
ならないです…(ぼそっ)
いや、何でもないです。

Facebookでは、ある程度の成果が
出始めています。ここ10日で15人、
リストアップさせて頂いて、13人の
方からリクエストして頂きました。
ブログの時と同じ方法を使ったのですが、
相手の方のページに行き、過去の記事を
いくつか読み、リアクションした、
これだけです。
1つ追記するなら、リアクションは
使い分けた、心掛けたのはこれだけです。
あと、私自身も、しっかりと
記事を発信しておく。
これでかなりのところまでいけます。

Instagram、これが以外に難しい…
こちらからのアプローチの仕方が
最初の壁になります。
画像・動画メインのSNSなので、発信も
センスを問われます。
(私、この辺のセンスが本当にない、苦手です)
それをカバーするのが「ハッシュタグ」
なんですが、実験の感触では、
この選び方が重要なようです。

Instagram、4つ、実験用の記事を
発信して、フォロー数は倍増しました。
(実験前に47だったのが今は110になりました)
ところが、本当に狙っているところからの
フォローは来ないんですね、現状は…
狙っているところの周辺からは
フォローが入り出しているので、
もう少し実験してみます。

実験結果、今後もちょくちょく報告します。
本記事はここまでです。
名言の追記、お付き合い下さると嬉しいです。
一旦、失礼します。


続きを読む
スポンサーサイト
SNSとは?(私の考え・その4)

少し間があいてしまいました。
たきやん。です。

Facebook・Instagramで今、とある
実験を行っている最中です。
(今は最初の一歩を踏み出したところです)

この実験、全貌が完成して、
使う人の『心・技・体』が伴えば、
本物のジャパニーズドリームを
築ける可能性まである、と思っています。
徐々に考えを明かしていきます。

今、確実に書けること。
絶対不可欠なのは『心』です。
これがないと、どれだけ高い技術を
持っていても使いこなせません。


その為に、私自身の心を徹底的に
磨き上げる為に一日最低でも
20分使って名言の抜き書きを…

いや、何でもないです。


今回は、実験の最初の一歩が何かを
簡単に書かせて頂きます。


『狙い打ちをして新しい関係を構築する』
実はこれ、ブログでも出来ます。
でも、SNSの方がはるかに簡単に出来ます。
特に、Facebookは本当に簡単に構築出来ます。
数を稼ぐことのみが目的であれば。
『心』が伴ってなくてもいいのであれば。


但し、そこからもう一段階上げて、
私の狙いは当然、『心ある関係』です。
本物の関係です。
はっきり言って、全く数に価値は
置いてないです。

例えるなら、
『本田宗一郎と藤澤武夫のような』
心底繋がっていた絆です。

この基礎をSNSとブログを使って
やってみよう、という訳です。
その公式が

『Facebook』+『Instagram』+『ブログ』
=『最強の絆』なんです。


前振りが異様に長いですね。
申し訳ありません。
追記を使って、『Facebook』と
『Instagram』についてサラっと書きます。

もう少しだけ、お付き合い下さい。


続きを読む
SNSとは?(私の考え・その3)

こんにちは。たきやん。です。
いきなり、入ります。

前回の記事で書いた公式を再記します。
『Facebook』+『Instagram』+『ブログ』
=『最強の絆』

Facebookでは先に書かせて頂いたのですが、
この公式で欠かせない要素は、
実は、『ブログ』です。

この公式の根拠を書く前に、今の主だった
SNSを簡潔に示してみます。


『Twitter』…数や情報は集めやすい
『LINE』『mixi』…やり取りが簡単
『Facebook』…説得力のある発信がしやすい
『Instagram』…一目で理解させやすい

凄く簡単に書いてみました。
詳細は次回以降の連載でじっくり、
書いていきます。

今回はなぜ『ブログ』が『最強の絆』の
為に欠かせないか、自分の考えを
書かせてもらいます。


まず、『最強の絆』を築く上で前提として
必要なものは何ですか?

色んな意見が出ると思いますが、
「お互いの人間としての質の高さ」は
絶対、欠かせない要素だ、と思います。

厳しい書き方をしました。
妥協した書き方をするなら、
「お互いが意気投合できること」と
書きましょうか。

それをある程度まで探せる場、それがSNS、
その中でも『Facebook』『Instagram』。
(すみません、この根拠は次回、書きます)

更に厳しい書き方をしますが、
SNSでリストアップした人達の
本音を引き出し、篩(ふるい)に掛ける場、
それが『ブログ』なんです。


以前、書きました。
「ブログはSNSと比べて、発信に
 かなり手間がかかる」
SNSって、スマートフォンからでも
簡単に記事が発信できます。
簡単さはブログの比じゃないです。

あくまでも私の意見ですが、これって、
「人間性」も容易に作れることを
意味するんですよ。

ある意味、面倒である『ブログ』で
SNS同様、高い人間力を発揮できれば、
そして誠実さを見せられれば、
その人はきっと、


『ひとかどの人物』なのでしょう。

自分が見ている限り、SNSとブログを
両立させている方々は、とてつもなく
人間力の高いケースが多いです。

そういう方々、男女比でいうと、
1対9ぐらいで女性が圧倒的に多いことを
追加で書いておきます。
だから、『Instagram』が公式に
入るんですね。(この根拠も次回です)


今回の締めに入ります。

この公式、両方がブログをしている
必要はありません。但し、どちらか一方が
ブログをしていて、相手はそのブログの
内容に対してしっかりと意見する。
(それはブログ内のコメントでなくても
 構いません・方法はいくらでもあります・
 これも今後、私の実例から紹介します)
これが最低条件です。


う~ん、冒頭の公式、1回でまとめようと
したんですが、全然無理でした。
この辺が、私の力のなさ、です…
すみません、次回、もう1回、冒頭の
公式の記事にお付き合い下さい。

次回、木曜日までに上げる予定です。
重ね重ね済みませんが、追記、
今回もお付き合い頂けると嬉しいです。

一旦、失礼します。



続きを読む
SNSとは?(私の考え・その2)

こんにちは。たきやん。です。
今回は軽めの発信になります。

今日、仕事が休みだったんですね。
いつもと違う時間にFacebookの
やり取りを行っていて、1つ、
以前から考えていたことで
確信になったことがあります。

公式のような書き方をしてみます。


『Facebook』+『Instagram』+
『ブログ』=『最強の絆』


今の日本で、0からのスタートで、
しっかりとした人との絆を作り上げる
可能性が最も高いSNSの使い方
(組み合わせ)がこれだ、と
私は確信しています。

確かに、かなり手間はかかります。
但し、ハマった場合、その手間は
全く苦にならない、むしろ、その手間が
『心の奥底からの楽しみ』に
変わるだけの破壊力が
この組み合わせには秘められています。

多分ですが、集客に関しても、質の高い
『愛用者・リピーター』、そして、
『エヴァンジェリスト』が生まれる
可能性が最も高いSNSの使い方は
これだ、と私は思います。
(あくまでも、今の日本で、の話です)


次回、そう考えた根拠を書きます。
今、本気で、かつ、がっつりと準備中です。
早ければ、週末から実践(実験)に入ります。

次の更新、日曜日か月曜日の
どちらかになる、と思います。

一旦、失礼します。
またまた、追記があります。
お付き合い下さると嬉しいです。
(今回は、前回みたいな
 強烈な毒ではないです)



続きを読む
もう1つ、箸休めです

こんにちは。たきやん。です。


すみません、もう1つ、箸休めの記事を
入れさせて下さい。
今後の展開を考えると、どうしても
書いておかなくてはいけない内容なので。

トップ固定の記事で、
「今後、最低でも4つのブログを
 回します」と書きました。
そして、このブログのサブタイトルは
『目指せ、平成の松下村塾‼』です。


サブタイトルがそのまま、このブログの
目指す方向なのですが、その見本となる
集まりが毎年、スイスで行われて
いるんですよね。

少し時期外れではありますが、
『ダボス会議』って、ご存じですか?

自分の中では、世界中の
「意識の高い金持ちの集まり」
という認識です。

しかし、意識の高い金持ちが
集まっているにも関わらず、
その影響力はどの程度のものなのか?

「松下村塾」と比較した場合は?
時代が違う、なんて言わないで下さいよ!

今年のダボス会議の参加メンバー、
松下村塾の塾生と比較して、
意識が低いのか?



決して、そんなことはない、と
私は思っています。


『ダボス会議』はあくまでも、金持ちの
集まりですが、言い方は悪いですが、
金持ちでない人達の中にも、
「意識の高さなら
 ヤツらにも負けへんで!」
と思っている方は必ず、
存在する筈なんですね。

実は、以前のブログの目指す方向も
そういうところでした。


一度、人生に完全に失意を感じ、そこから
戻ったヤツがどこまでできるのか?

ある意味、開き直りです。

『Dead or alive?』

出来るだけの悪あがきをして、
死ぬ気でもがきまくって、
どこまで結果を出せるのか?
今は、(潰される)不安よりも、
ワクワク感の方が遥かに強いですね。



夕方以降、時間があれば、
SNSの連載記事の続きを
放り込みたいですね。

今回も追記、いきます。
結構、キツいことを書きます。
一旦、失礼します。



続きを読む
箸休めの記事

こんにちは。たきやん。です。

以前、ブログを運営していた時、
学生さんが結構、読者として
ついて下さっていたんですね。
内容は学生さんにはおそらく、
かなり厳しいものであるにも関わらず…
(しかも、運営している私は学生さんが
 ついていることを考慮せずに
 記事を発信し続けていました)

今回のブログもおそらく、学生さんへの
配慮はあまりしないと思います…
ただ、この記事は学生さんに向けて
書いてみます。
連載は次の記事から再開、
本格的に走ります。
この記事はあくまでも、
箸休め的な記事です。


ということで、本題へ。


時期的に今、中間テストなんでしょうか?
勤務先に向かう途中の電車内で、制服姿の
学生さんが勉強しているシーンを
いつも以上に、お見かけします。

頑張って欲しいですし、いい点数を
取ってもらいたいな、と思います。

実は、自分は学生時代、一夜漬けや
テスト直前までのギリギリの粘りに
対しては凄く否定的でした。
(普段から頑張ってナンボやん、
 と思ってました)

ただ、『ギリギリの粘り』の姿勢、
実は生きていく上で凄く
大切なものなんですよね。

テストでいい点数を取る、
すごく大切ですし、先々を考えると
メリットも大きいです。

ただ、最も重要なのは
『いい点数を取る為に全力で向かう姿勢』
なんですよ、きっと。

最後まであきらめずに全力で、
この姿勢を身に付けておくこと、
これが一番大切なんだよ、と
今は書いておきます。

クラブ活動に参加しているのなら、
そこでも『全力投球の姿勢』を
身に付けておいて下さい。
それが必ず、大きな財産になります!

自分はそれを疎かにしたため、今、
凄く遠回りして取り戻しに行ってますが、
自分の周りで大きな結果を出している
人達は、若い頃に例外なく、
『全力投球の姿勢』を身に付けていました。


本記事はここでクローズします。
今後、学生さん(若い読者の方)が
それなりについたら、また、この手の
記事を(くどい位に)上げると思います。

肝心な時に、ことごとく怠惰であり続けた
自分への懺悔(反省)の意味も込めて…


すみません、追記、今回もいきます。
お付き合い下さると嬉しいです。


続きを読む
SNSとは?(私の考え・その1)

こんにちは。たきやん。です。
初めの方は、スマホからの更新頻度が高いと思います。しかも、週に多くて3回位まで、になりそうです。
段階を追ってペースを上げていきます。
長い目で見守って下さるとありがたいです。

本編に入ります。
1回目は軽くいきます。

前回の記事のコメ返でも書いたのですが、
SNS、それぞれに特色があり、
使い方を間違えると、それこそ
『宝の持ち腐れ』になってしまいますね。

しかし、目的に合った使い方が出来た時の
破壊力は本当に、半端無いものがあります。
自分は実感しきれていませんが…
周囲でも、そういう方が複数、います。

ここ数年、それぞれのSNSでターゲットとなる
層がはっきりとしてきています。
それを無視した使い方をしても、
時間の無駄遣いになってしまいます。
(実験してその結果を他に活かせれば
 その限りではありませんが…)

一例を挙げると、しっかりとした『人との絆』を
求める方がTwitterやInstagramを使っても
期待するものを求めるのは難しいでしょう。
(不可能だ、とは言いません・しかし、かなり
 厳しいものがあると思います)

自分の実感では、そういうものを求めるなら
まずはFacebook、そしてLINEになるんですね。
本物の絆志向なら、それでもブログには
勝てない、今の日本ではまだまだ
これが現状だと思います。

SNSが最も力を発揮するのは
やはり、「拡散」でしょう。
ただ、その拡散力も大きな差があります。
TwitterやFacebookもかなり強力ですが、
今の日本で、破壊力が最も大きいのは、
実はInstagramではないでしょうか?
これはかなり、自信を持って
言い切らせてもらいます。
そして、「拡散」という意味ではLINEは
使い勝手がかなり、悪いです。

その根拠もこれからの連載で語ります。
今回の本記事はこれでクローズです。

宜しければ、追記にもお付き合い下さい。


続きを読む
SNSを適切に使うために(導入編)

こんにちは。たきやん。です。
今回は、スマホから記事を更新してみます。

私が今、色んなSNSでアカウントを
持っていることは既に書きました。
ただ、本当に使いこなすことが出来ているか?
正直なところ、全く自信はありません。

しかし、色んな方の発信を見ていて、
1つだけ、自信を持って
言い切れることがあるんです。
かなり過激な書き方を致します。


『心を磨いている、もしくはその努力を
 している人のみが、今後もSNSを
 適切に(有益に・有効に)使うことが出来る』

これは、どのSNSであってもそうです。
Youtubeですら、そうなっていく予感
(いや、確信ですね)がしています。

SNSがなぜ玉石混淆(ぎょくせきこんこう)なのか?
しかも、石(しょうもないレベルのもの)が
圧倒的に多いのか?

物事の発信が誰にでも手軽に
出来るが故の結果なのでしょう。

でも、自分は必ずしも、
悲観的には見ていません。
決して多くはないですが、素敵な発信を
している方が存在しているからです。
(以前のブログ運営の時みたいに、
次からの連載で紹介するかもしれません)


そして、ブログが最も素敵な発信を
見付けやすい、と思う理由の1つにもなります。

ブログって、SNSの類いと比べて、
発信にかなり手間が掛かるんですよ。
それでも発信する、それだけでも
少しは他と比べて意識が高い、と
いうことになりませんか?
(厳しく書きますが、全てのブロガーさんが
そうだ、とは思えないし、言いませんよ)

心構えさえしっかりとしていれば、
今のご時世、SNSは必ずや、色んな面で
最高の武器になるはずです。
これを踏まえて、次回以降の連載記事に
お付き合い下さると嬉しく思います。

ちょっとだけ、追記にお付き合い下さい。
旧ブログと被ります。
そちらをご覧下さった方にはごめんなさい。

続きを読む
近況報告・本格的な再開へ向けての導入編

こんにちは。たきやん。です。
細々とですが、スタートさせて頂きます。
初めは以前のような画像や動画が入りません。
勉強しながら追々導入していきます。(少しでも早く出来るようにします)
よろしくお願い致します。

あ、今からリンクフリーということでお願い致します。
こことリンクを貼って下さった方はご連絡下さい。
(鍵コメ・鍵付きの拍手コメでもOKです・
 初めは遅れますが、必ず対応します)
出来れば、相互リンク前提でお願いしたいです。


今朝、旧ブログにも書きましたが、私は今、複数のSNSで
アカウントを持っていて、運営しております。
全てをうまく活用している、とは言えない状態ですが、それぞれの
特色・使い分けなどはある程度までわかっているつもりです。
少なくとも、以下に書く4つに関しては、長所・短所までは
大まかな理解をしている、と思っています。
(今後の記事で「それ、違う」とか「おかしい」と感じたらご指摘下さい。
 調べ、勉強して見解を示させて頂きます。)

Twitter・Facebook・LINE・Instagram

Facebookでは色々と実験・下準備もさせて頂きました。
その結果、大丈夫という判断を自分に下してブログ再開に至っています。
(なぜFacebookのみでの実験だったのかというのは、
 今後の記事を読んでいただければ分かると思います)

なぜ、こんな入りなのか、って?
今のご時世でのSNSの影響力・必要性を感じているからです。
数年前と比べると、それはかなり大きなものがある、と感じます。



但し、旧ブログでも書きましたが、SNSには1つ、大きな問題点があります。

『発信者のレベルの差が激しすぎる』

使っていて実感しますが、本当に玉石混淆(ぎょくせきこんこう)なんですよ。
しかも、玉(いいもの)が圧倒的に少なくて、
石(しょうもないレベルのもの)が非常に多い。
過激な書き方をしました。申し訳ありません。でも、これは事実です。
実は、自分も石の方のレベルかもしれません・・・
玉になれるよう、日々精進して目指してはいるのですが・・・

本来、素晴らしい理念でスタートしたはずのSNSですが、
(上記4つはどれもそうです、これは間違いありません)
使い手のせいで良さが殺されている。


コミュニケーションツールとしても、実務的にも、うまく使えば
最高の武器になるはずのSNS。

どう使えば本当に有意義なもの(最高の武器)になるのか、
復帰1発目はそこから語ろうと思います。
そのために数回使います。(10回ぐらい使うかもしれません)

あと、ブログを再開した最も大きな理由を書きますね。
「現状では、どのSNSよりも、
 深い人間関係(絆)を構築できる手段、
 それがおそらく、ブログです。」


はい、この辺もしっかり語りますね。
今でも、ブログはかなりいい発信方法ですよ、まちがいなく!

復帰を歓迎して下さった方々に心からお礼を申し上げます。
そして、「私も復帰出来て本当に嬉しいです!!」


失礼します。


記事No.0(まずは挨拶を)
皆さん、初めまして。(ではない方もいるかもしれませんが・・・汗)
たきやん。のBurning heart 復活編 (目指せ、平成の松下村塾) 
の管理人、たきやん。と申します。

このブログのコンセプトを簡単に申し上げます。
カッコ内にある「目指せ、平成の松下村塾」、この一言です。
基本、固めの記事が多くなるはずです。

でも、自分が吉田松陰の役を担おう、なんてこれっぽちも考えていません。
むしろ、皆さんに吉田松陰の役になって頂きたいです。
詳細は今後の記事の中で申し上げていきます。

あと、リンクについて一言、書いておきます。
こちらが記事内でOKを出すまで、このブログとの
リンクを貼らないで下さいますよう、お願い申しあげます。

今、このブログはまだ、本格スタートへの準備中です。
それが完了してから、ということでお願い致します。
(明日にはリンクフリーにできると思います・
 OKサインを出した後でまたリンクについては書きます)

とりあえず、一旦、見切り発車、記事発信です。(ヲイヲイ・・・)
皆さん、宜しくお願い致します。<(_ _)>


検索フォーム

プロフィール

attacky25

Author:attacky25
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

訪れて下さった方々

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。