FC2ブログ
たきやん。のBurning Heart 復活編 (目指せ、平成の松下村塾)
生きる意味を一度は完全に失っていた男が、蘇った熱い思いをぶつけます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直球勝負の方がいい・その2
こんにちは。たきやん。です。

大阪マラソンの余韻にまだ、浸っています。
2年連続でゴール付近で声援を送っていました。
来年こそは、走る側に回りたいです!
(ここ数年、申し込んでも外れっぱなしで・・・)

当たる確率を上げる方法など、今から
研究を重ねていきます。
当然、地道なトレーニングもしながら。

あ、すみません。本題に入ります。
前回の記事を見て頂いていることを前提に進めます。


来年の秋に引退することを発表した安室奈美恵さん。
小室哲也さんがプロデュースしたことで
「WIN‐WIN」になったようなイメージが
ありますが、それ以前からポテンシャルが
高かったのはご存知の方もいらっしゃると思います。

(TRY ME は小室プロデュースじゃないですしね)

小室さんが安室さんのポテンシャルの高さを見い出し、
十分に引き上げたのは事実だと思います。
ただ、他のアーティストに流用しようとしても・・・
TRF、華原朋美さん、globeなど・・・
それぞれのポテンシャルが違いますから、
必ずしもうまくいくとは限らない。

あと、安室さんと他のアーティストには、もう1つ、
大きく異なる点があったと思います。

次回、それを書きます。


いきなりですが、今回の私の結論・・・

『その人の長所に真剣に向き合い、 
 それに見合った方法で引き上げる、
 プロデュースとはそういうこと』


プロデュースに「2番煎じ」は通じない、
私はそう考えています。


あ、この辺の記事も、今後の
「チーム たきやん。」への伏線に
なっていくんですわ。
それを、ここで先に書いておきます。

それでは。
スポンサーサイト
直球勝負の方がいい・その1
こんにちは。たきやん。です。

今回は伏線記事です。
突然ですが、小室哲也さん、ご存知ですか?
プロデュース業で時代を作った方、と
いう観点で今回は見ていただきたいです。

全盛期の頃のプロデュースの仕方で
ささやかれていたことがあるんですね。
「安室奈美恵さんは実験台、結果が出たら
それをTRFや華原朋美さんに反映させる」
(後には、globeにも反映・還元・・・)

うーん、当時見ていて、自分は
それを強く感じていましたね。
この件、真意のほどは分かりません。

ただ、安室さんは結果を出し、他の
小室哲也プロデュースのアーティストも
結果を出し、小室哲也さんは一時代を築いた。
これは間違いない事実です。


しか~し!
衰退した(言い方は悪いですが)理由も
実はここにあるような気がします。
次回、少しだけそこに突っ込んでみます。

ここを紐解くことで、今の時代を
生き抜くためのヒントにも
なりそうな気がするんです。

プロデュースの本質とは?
信用(信頼)を築くとは?
その点から語ってみようと思います。


今回はここで締めておきます。
それでは。


提案者としての道
こんにちは。たきやん。です。
前回、ルクア大阪(ルクアイーレ)の紹介を
Instagramでしている、と書きました。

将来の目標とどうつながるのか?
それが今回のタイトルです。


今のところ、まだ突っ込んだ内容では
Instagramに投稿はしていないんですが、
今後、お店側への意見(提案)、
さらに上の「西日本SC開発」
(ルクア大阪の総元締めとなる会社です)
へもルクア大阪を盛り上げるための
提案・企画を投げかけようと思ってます。


そのためには、マーケティング・
プレゼン力など学ぶことは多いです。
ただ、その過程が将来の目標(真のゴール)への
第一歩となる、と信じています。
(色々と学ぶことが、です)


複線記事はすでにInstagramには
投げかけ始めています。

そして、お店側だけでなく、お客様にも
提案できる立場に持っていきたい。
それが前回書いた、
『ルクア大阪のことなら、
 たきやん。に聞け!』

を目指す、ということなんです。


ルクア大阪は将来の目標の
実験(モデルケース)であり、
将来の目標の舞台は京都なんですが・・・

この辺は次回以降、ガッツリと書かせて頂きます。


今回はこの辺で。
それでは。



攻撃開始!
こんにちは。たきやん。です。
少々物騒なタイトルですが…
今、Instagramでやっていることを書きます。


『ルクア大阪の紹介』です。
今の私の職場である、ルクア大阪、
その中でも特に「ルクアイーレ」。

自分が今、大好きな場所。
ここを利用して、自分の将来の
目標達成への第一歩を踏み出せるか?


そして、リアルとオンラインの融合ができるか?

これを今、試しています。


今まではInstagramに様子見で
投稿を続けていましたが…
ルクア大阪の関係者からの
信用・信頼を勝ち取れるか?
今後、攻めの投稿、
勝負の投稿に入っていきます。


この試みのゴール、それは、
『ルクア大阪のことなら
 たきやん。に聞け!』
と言われる立場になることです。


次回の記事でもう少し、詳しく書きます。
今回はこの辺で。
See you!

検索フォーム

プロフィール

attacky25

Author:attacky25
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

訪れて下さった方々

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。