FC2ブログ
たきやん。のBurning Heart 復活編 (目指せ、平成の松下村塾)
生きる意味を一度は完全に失っていた男が、蘇った熱い思いをぶつけます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SNSとは?(私の考え・その6)

こんにちは。たきやん。です。
本日、仕事、休みです。
(梅田の某商業施設で館内配送を
 しています、シフト制なんですね)

今回もFacebook・Instagramの話です。
ブログでもつきものとなる、「コメント」に
ついて、少し話そうと思います。

以前も(もう1つのブログです)話したことが
ありますが、「コメント」、付くだけで
テンションが上がるんですよね、基本。
存在を知ってもらえた、それが最大の
理由なのは間違いありません。

荒らしなど、問題となるコメントが
来ることもありますが、それはその時、
対策を考えればいいや、と思いながら
私は今のところ、運営しています。
(ブログ・SNSどちらもです)

でも、皆さんにこの姿勢はお薦めはしません。
最初から、対策をしておいた方がいいです。
自分がなぜ、特に対策をせずに
今は運営しているのかも含めて、
その辺は後日、書かせて頂きます。
(3つめのブログの運営を
 スタートするまでには必ず書きます)


「拍手」「いいね!」だけでもありがたいです。
でも、コメントはもっとありがたいですし、
付けて下さった方の印象はより、強くなります。

SNSのコメントで目立つのは、
『挨拶のやり取り』で終わるパターンです。
ブログよりも、その比率ははるかに高いです。
そして、添えられている写真に対する
コメント、これも多いです。

ただ、実際にFacebookで知り合った方数人に
会って話すと、記事の内容に対しての
コメントがもっと欲しい、
全員がこう言いました。

それなだけに、意識の高い方へのコメント、
記事の内容に対して付けるようにするだけで
発信者からの印象は格段に良い方向に
向かいます。
実体験からも、これは間違いないでしょう。
(リクエスト・フォローの狙い撃ちが
 決まるかどうかもここで決まるのでしょう)

私のように、知り合いの数がそんなに
多くない場合はコメントが付くだけでも
ありがたいですが、フォローしきれない数を
持っている場合は必ずしも
そうではないのでしょう。

私も、Facebookの友達数が350を
越えた辺りから、全てを
フォローしきれないという
ジレンマと向き合わなくては
いけなくなりましたから。
(今は、Facebookへのスタンスをはっきりと
 させていますので、その点は楽になりました)


『コメント1つで本当のファンが増やせる』
SNSはブログよりも、その可能性が高いです。
それが「最強の絆」への第一歩となります。


今回はこの辺で。
追記もお付き合い下さると嬉しく思います。
一旦、失礼します。
(今回の追記、今後のブログ運営についても
 少し、書かせて頂きます)





名言、ネタは大量にあります。
それだけで1つのブログを運営できるかも
しれません(が、絶対にそれはしません)。

今回はマイケル=ジョーダンでいきます。
最後のやつが特に痺れます!
その感覚を分かって下さると本当に嬉しいです。

『一度でも諦めてしまうと、それが
 癖になる。絶対に諦めるな。』
『自分の夢を、誰にもさらわれちゃいけない。』
『目標を達成するには、全力で
 取り組む以外に方法はない。
 そこに近道はない。』

そして、今回絶対に紹介したかった…
『運命よ、そこをどけ、俺が通る!』

この言葉を聞いたとき、全身に
強烈なものが走ったのを覚えています…


あ、以前、最低でも4つのブログを運営する
(回す)と書きました。内容を予告します。
全て、タイトルは今、考え中です。
タイトルからしっかり練り込んで、
そして、作り込んでいきます。
(当然、FC2の分も今後、
 今まで以上に作り込みます)

「自分の趣味を中心に書いていく」
これはアメブロでやります。
人集めをメインの目的にしていますので、
自分なりの『トレンド』を追究した記事も
結構、多くなると思います。
これが3つめになるかな。
今月末までに立ち上げ予定です。

「空白の期間、完全に生きる意味を失った
 時から今までの話を小説風に」
どの会社のブログにするかは未定です。
初秋までにスタート予定です。
当時は本当に苦悩しましたが、今なら
その時期を笑い話にできます。
そんな感じでやります。

そして、もう1つ、livedoorさん(の予定)で1つ、
立ち上げます。目的は今は明かしません。
自分の47回目の誕生日(7月24日)までには
このブログは絶対に、スタートさせます。
上記のアメブロさんのブログ・FC2のもう1つの
ブログと意識して連携させることになります。
(カブる部分も結構、出てくると思います)


皆さん、素敵な日々をお過ごし下さい。
失礼します。

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://attacky25.blog.fc2.com/tb.php/12-7c230226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

プロフィール

attacky25

Author:attacky25
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

訪れて下さった方々

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。