FC2ブログ
たきやん。のBurning Heart 復活編 (目指せ、平成の松下村塾)
生きる意味を一度は完全に失っていた男が、蘇った熱い思いをぶつけます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写経・クイズの場合(その2)

こんにちは。たきやん。です。

クイズに特化して書いていますが、
今回の内容、ありとあらゆるところに応用が
利くはずなんです。


『写経とは、見本をただなぞる
 (写す)だけのものじゃない。
 見本を作った人の意図を汲み、
 その意図・思考を自分に
 血肉化させるもの(方法)である。』


クイズの場合、見本となる問題文の
句読点の使い方にまで気を使う。

それができて初めて、問い読みもうまくなるし、
早押しクイズでの「ポイント」の
見え方も格段に良くなるんです。
しかも、インプットの効率もよくなる。
(これ、私は数回経験してます)

だからこそ、見本となるものの
「日本語としての美しさ」
重要視する必要があるんです。


クイズに限ったことではありません。
写経という方法を取り入れるとき、
細部に気を使わず、ただ写すだけ、と
いうのなら、極論しますが、
「莫大な時間と手間がかかるだけ、
 単なる文字書きの練習、
 ホンマ、無駄な行為」と
なってしまうんですわ。

使われている文字の種類(仮名か漢字か)、
句読点の場所、情報の挿入位置、
1問1問、写す時にそこまで気を使う。

一度でもここに手間をかけた人は、
しばらくクイズから離れても、また
力を取り戻すことが可能やと思います。
そして、長期にわたって実力を保持できるはずです。


この話、クイズ以外でも当てはまることやと
思うんですが…
次回、そこを語ってみます。

それでは。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://attacky25.blog.fc2.com/tb.php/46-ac414abe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

プロフィール

attacky25

Author:attacky25
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

訪れて下さった方々

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。