FC2ブログ
たきやん。のBurning Heart 復活編 (目指せ、平成の松下村塾)
生きる意味を一度は完全に失っていた男が、蘇った熱い思いをぶつけます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SNSとは?(私の考え・その3)

こんにちは。たきやん。です。
いきなり、入ります。

前回の記事で書いた公式を再記します。
『Facebook』+『Instagram』+『ブログ』
=『最強の絆』

Facebookでは先に書かせて頂いたのですが、
この公式で欠かせない要素は、
実は、『ブログ』です。

この公式の根拠を書く前に、今の主だった
SNSを簡潔に示してみます。


『Twitter』…数や情報は集めやすい
『LINE』『mixi』…やり取りが簡単
『Facebook』…説得力のある発信がしやすい
『Instagram』…一目で理解させやすい

凄く簡単に書いてみました。
詳細は次回以降の連載でじっくり、
書いていきます。

今回はなぜ『ブログ』が『最強の絆』の
為に欠かせないか、自分の考えを
書かせてもらいます。


まず、『最強の絆』を築く上で前提として
必要なものは何ですか?

色んな意見が出ると思いますが、
「お互いの人間としての質の高さ」は
絶対、欠かせない要素だ、と思います。

厳しい書き方をしました。
妥協した書き方をするなら、
「お互いが意気投合できること」と
書きましょうか。

それをある程度まで探せる場、それがSNS、
その中でも『Facebook』『Instagram』。
(すみません、この根拠は次回、書きます)

更に厳しい書き方をしますが、
SNSでリストアップした人達の
本音を引き出し、篩(ふるい)に掛ける場、
それが『ブログ』なんです。


以前、書きました。
「ブログはSNSと比べて、発信に
 かなり手間がかかる」
SNSって、スマートフォンからでも
簡単に記事が発信できます。
簡単さはブログの比じゃないです。

あくまでも私の意見ですが、これって、
「人間性」も容易に作れることを
意味するんですよ。

ある意味、面倒である『ブログ』で
SNS同様、高い人間力を発揮できれば、
そして誠実さを見せられれば、
その人はきっと、


『ひとかどの人物』なのでしょう。

自分が見ている限り、SNSとブログを
両立させている方々は、とてつもなく
人間力の高いケースが多いです。

そういう方々、男女比でいうと、
1対9ぐらいで女性が圧倒的に多いことを
追加で書いておきます。
だから、『Instagram』が公式に
入るんですね。(この根拠も次回です)


今回の締めに入ります。

この公式、両方がブログをしている
必要はありません。但し、どちらか一方が
ブログをしていて、相手はそのブログの
内容に対してしっかりと意見する。
(それはブログ内のコメントでなくても
 構いません・方法はいくらでもあります・
 これも今後、私の実例から紹介します)
これが最低条件です。


う~ん、冒頭の公式、1回でまとめようと
したんですが、全然無理でした。
この辺が、私の力のなさ、です…
すみません、次回、もう1回、冒頭の
公式の記事にお付き合い下さい。

次回、木曜日までに上げる予定です。
重ね重ね済みませんが、追記、
今回もお付き合い頂けると嬉しいです。

一旦、失礼します。




追記、今回は北野武さんの名言です。
今朝、Facebookでたけし軍団の
素敵な記事を見ました。

トップの心が、セカンド以降(弟子)に
うまく、継承されている。
だから、軍団が今もあり続けるのでしょう。


『勉強するから、何をしたいか分かる。
 勉強しないから、何をしたいか
 分からない。』

『最後まで押し通せなかったら
 やさしさではない。
 途中で挫けるなら悪人になればいい。
 やさしさは根性です。』

『人は生まれて、生きて、死ぬ、
 これだけでたいしたもんだ。』


もう1つのブログで、たけし軍団を絡めて
記事を書きました。
他の記事はどうでもいいんで、
この記事だけ見て下さると嬉しいです。

http://takiyan3341.blog.fc2.com/
『トレンド』と『ブーム』
(すみません、リンクがうまくいきません・
 後日、調整します)


失礼します。

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://attacky25.blog.fc2.com/tb.php/9-02767f3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

プロフィール

attacky25

Author:attacky25
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

訪れて下さった方々

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。